SF6ガス排出量削減製品「ブースターポンプ」を販売中 ~地球温暖化対策への貢献~

2021年3月12日

株式会社NHVコーポレーション(本社:京都市右京区、社長:重田悦雄)は、地球温暖化対策に貢献する為、電子線照射装置(EPS)用ブースターポンプを販売しております。

 

電子線照射装置(EPS)は、電源部の絶縁にSF6ガスを使用しており、メンテナンス時のガス回収時に微量ながらSF6ガスの大気放出が避けられません。この装置はガスの大気放出量を大幅に削減、更に回収時間も大幅に短縮が可能になります。地球にやさしく、またメンテナンス作業の効率化にもつながります。

 

■効果(約20㎥のタンクで回収した時の実測値)

大気排出量(未回収分)の低減  :   5kg  →  1.7kg(二酸化炭素換算で約80トンの低減)
真空回収時間短縮  12時間  →  3時間

 

■カタログ

ブースターポンプのカタログ(PDF 841KB)

 

[本件に関するお問い合わせ]
こちらのフォームよりお問い合わせください。